ソプラノ歌手 北薗るみ子 公式サイト | OperaLirica オペラリリカ

  • プロフィール
  • ディスコグラフィー
  • 活動履歴
  • コンサート
  • 北薗メソッド・ベルカント唱法
  • レッスン
  • イタリア声楽留学講座
  • お申し込み・お問い合わせ
  • ホーム
北薗るみ子 声楽レッスン教室
東京スタジオ
〒111-0051
東京都台東区蔵前1-8-3 ゲルン6F
【都営浅草線】蔵前駅A1出口徒歩1分
【大江戸線】蔵前駅A3出口徒歩5分
【JR浅草橋駅】東口より徒歩6分
九州スタジオ
〒891-0145
鹿児島県鹿児島市錦江台1-24-20

Eメールへのご連絡・お問い合わせは『お申し込み・お問い合わせページ』よりご送信ください。
イタリア声楽留学講座
イタリア声楽留学講座のお申し込みは 『お申し込み・お問い合わせ』ページ より随時受付しております。












「夢のイタリア留学 」 青鹿 聡子さん

  初めてのイタリア留学を終え帰国しました(2013年7月〜9月の3ヶ月間)。幸運にも、今回はMestra Wally Salioが滞在中のレッスンを快諾してくださり、さらに夏期講習に人数の余裕があるとのことで急遽参加することが出来ました。

  Mestraの自宅はTorinoにありNovaraから電車とバスで1時間半程。レッスンでは最初に軽く発声をして、アリアをいくつか歌いました。北薗先生のご指導を受けていたため、Mestraのレッスンも理解することが出来たと思っています。

  夏期講習は8月17日〜26日にSalernoの南に位置するCastellabateというところで開催されました。海と山、豊かな緑に囲まれ、音楽家のために設立されたとても美しいホテル内には、ピアノが何台も置かれ、コンサートルームもありました。世界各地から講習生やその家族が集い、毎日レッスンや練習をしながら、プールで泳いだり、浜辺を歩いたり、古代の遺跡へ出かけたりと、皆思い思いに過ごしていました。

  夢のような環境の中、Mestraのレッスンは妥協を許さないながらも、普段は優しく上品に接してくださり、私は、講習生達のピアノやハープ、フルートなどの音色を聴きながら、自然と清浄な空気に癒され、心から音楽を楽しむことが出来ました。

  講習期間の後半は、毎晩、発表会が開催され、最終日には講習生全員へ修了証書の授与がありました。

  夏期講習が終わり、9月の後半にはこの講習で知り合ったフランスの友人のところへホームステイをし、帰国前日にはTorinoの小さなTeatoroで行われたConcertoにも出演することが出来ました。

  これ以上ない程、充実した留学生活を送ることが出来たのも、北薗先生のお陰と心から感謝しています。 今はまたイタリアへ渡ることを念願し、次への目標に向かって前進したいと思っています。

「イタリアの初めての町で充実した留学生活を送っています」 岡山 雅子さん

  2009年4月1日に日本を出発し、イタリアのノヴァラで声楽の勉強をしています。

  ピエモンテ州県都のノヴァーラは、ミラノから電車で30分位のところにある、歴史のある静かな町です。中心部には新古典主義様式の気品ある建造物が数多くあり、気持ちを落ち着かせてくれます。
  町の人々はとても明るく親切で、道を聞けばそこまで案内してくれたり、お店でパンを1コ買うと3コおまけしてくれたりします(日本人が珍しいのかジロジロと見られることもあります)。言葉はほとんどイタリア語しか通じません。

  滞在している”Le Grand Volte”はとても綺麗で雰囲気のあるホテルです。ベッドメーキング、タオル交換、掃除など必要な事は毎日行ってくれます。1Fの奥には炊事場、洗濯場もあり、長く滞在していると重宝します。2Fにはカフェもあり、0.4ユーロでいつでも飲めます。従業員の方々もとても親切です。
  ホテルは町の中心部にあるので、あまり不便さは感じません。ブランド店やスーパーなどが近くにあり、日用品も揃います。時間がある時は、西洋芸術の歴史・風土・言語などを少しでも理解したいと思い、町を散策しています。

  声楽のレッスンは、北薗先生がご紹介してくださったOses先生のところで受けることになっていました。
  初めは車で行きましたが、帰りに先生が愛犬とホテルまで送ってくださる時に道を覚えて、次からは徒歩で行けるようになりました(歩いて20分ぐらいでした)。

  レッスンはとても厳しく、1回目は何がなんだか分からず、ただ真似をするのみでした。理論も詳しくとても熱心に教えていただき、あっという間に1時間半がたってしまいました。
  いつも北薗先生に”言葉が大切”と云われていても、何か自分自身の中では曖昧ではっきり理解できなかったのですが、イタリアで歌ってみて初めて”言葉を理解して歌うことの大切さ”を納得できたように思います。

  用意していた曲だけでなく、以前に練習していた曲やコンサートで歌った曲も歌わせられましたが、暗記していたはずなのに言葉を理解できていなかったので、分からなくなってしまう事もありました。
音楽に対する気持ちが甘く、北薗先生にいつも頼りきって受身でいたことを痛感させられました。

  レッスン中はとても厳しいOses先生ですが、レッスンが終わると優しく細やかな心配りをしてくださるのでとても嬉しかったです。お料理も上手な先生で、何度もご馳走してくださいました。

  北薗先生のご紹介のお陰で、イタリアの初めての町でこのようにOses先生に良くしていただき、充実した勉強ができています。たった一人で外国に住むという事は孤独と緊張の連続ですが、自分自身の内面を強くする訓練にもなっていると思います。

  残された時間、もっと沢山の経験を培って、西洋芸術を体で感じ吸収できるよう過ごしてゆきたいと切に願っています。